正しい頭の洗い方

頭皮ケアにおいて最も重要なものひとつに頭、つまり頭皮頭髪の洗い方があります。 どんなに素晴らしいシャンプーを使っても、これが間違っていれば台無しです。 正しい頭の洗い方をすることで、シャンプーの効力を最大限に引き出すことができます。

ここでは、正しい頭の洗い方を紹介します。

line

予備洗い

まずは予備洗いです。 シャンプー剤をつけずにお湯だけで頭皮、頭髪を洗います。 この作業をシャンプー剤の泡立ちをよくするための髪の毛を濡らす程度にお考えの人も多いと思います。 けれどもそれは間違いです。 濡らす程度ではなく、2~3分の時間をかけてしっかり洗ってください。 これで頭皮、頭髪の汚れの50~70%は落とせます。

line

シャンプー

次ぎにシャンプー剤を付けて洗髪します。 まずシャンプー剤を適量手に取り髪に塗布します。 シャンプーボトルから直接髪につけるのはシャンプー剤を付け過ぎてしまうことがあるので、必ず手に取り量を確認してから髪に塗布してください。 そして十分に泡が立つまで指の腹を使って揉み洗いをしてください。 使うのは指の腹です。絶対に爪を立てて洗ってはいけません。爪を立てて洗うことは頭皮を傷めることになります。傷んだ頭皮はフケや痒みの原因になります。 指の腹を使って頭皮をマッサージをする感覚で洗ってください。

line

すすぎ

最後はすすぎです。ここはとても重要です。 シャンプー剤のすすぎ残しは、過剰な皮脂の分泌、フケ、ひいては抜け毛の原因になりかねません。 すでにそのような症状がみられる人には、さらにそれを助長する行為になります。 3分以上の時間をかけて過ぎてしっかりシャンプー剤を流してください。

line

リンス・トリートメントについて

リンス・トリートメントは頭髪にはよろしいのですが、頭皮にはそうではありません。 使用する際は、頭髪だけにつけて頭皮にはつけないようにしてください。 ただし、製品によっては頭皮につけたほうがよいリンス・トリートメントもあります。 使用する前に使用方法をしっかり確認してください。

line