脱毛の原因

脱毛の原因はさまざまあります。そのなかで代表的なものをいくつか紹介します。

line

遺伝

「脱毛は遺伝する」とよくいわれます。だからといって、父親がハゲているから必ず子供もそうなるというわけではありません。遺伝するのは、脱毛そのものではありません。男性ホルモンが強い、頭皮が脂っぽいなど「脱毛になる可能性が高い体質」です。脱毛は、その体質にさらに「脱毛しやすい生活」が加わった結果です。

line

ホルモン

前頭部や頭頂部から髪が薄くなる男性型脱毛症は、男性ホルモンが深くかかわっています。皮脂腺にある5αリダクターゼという酵素が、男性ホルモンのテストステロンに作用するとジヒドロテストステロンという物質に変化します。これが、毛母細胞にダメージを与え、髪はしだいに細くなり、脱毛していきます。また、女性でも、更年期障害やストレスなどによってホルモンバランスがくずれると、女子男性型脱毛症が起き得ます。

line

血行不良

毛乳頭は毛細血管から栄養を吸収し、毛母細胞へ補給します。血管が収縮したり、流れる血液の質が低下すると、毛細血管のすみずみに新鮮な血液が行き届かなくなってしまいます。毛乳頭は、毛母細胞への栄養補給ができず、健康な髪を作ることができません。結果、脱毛を引き起こします。

line

ストレス

人が生きていく上でストレスをまったく感じないことはないでしょう。少しくらいストレスのあるほうが緊張感があっていいのかもしれませんが、たまりすぎると健康に悪影響を与えます。自律神経がバランスを崩すと、体のあらゆる臓器や器官が不調になる可能性が出てきます。人の体は、ほとんど自律神経によってコントロールされています。毛細血管や毛乳頭ももちろん含まれます。

line

食事

インスタント食品や加工食品に頼りすぎた食生活や、栄養の片寄った食生活、ダイエットのため食事を摂らない生活をしていると、髪の毛を作るのに栄養やミネラル、酵素などが十分補えなくなってしまいます。また、動物性タンパク質の摂りすぎは、体質を酸化させたり、活性酸素を大量に発生させたり、血液の質も低下させます。

line

生活習慣

運動不足や睡眠不足が健康によくないのはいうまでもありません。適度に運動しなければ、体の機能は低下してしまい、細胞が活発に働かなくなってしまいます。当然、髪も生えにくくなってしまいます。また、髪は夜によく伸びます。起きている間は内臓諸器官に、寝ている間は皮膚や骨に、血液が多く流れるからです。睡眠時間が短ければ、それだけ髪も成長しなくなってしまいます。

line

シャンプー、パーマ、カラーリング

髪の健康のためには頭皮を清潔にする必要があります。一般的なシャンプー剤は、石油合成系シャンプー剤で、使い方間違えると頭皮や髪を傷める原因になります。十分に洗い流さないと微量の液剤が皮膚に残り、頭皮に炎症を起こしたり、毛母細胞にダメージを与えたりします。パーマやカラーリングも、液剤が頭皮や毛根周辺に悪影響を及ぼすことがあります。

line